宅配業者の過剰梱包と荷物の取扱い~宅クリへのしわ寄せ懸念

ネットで買い物をしたら、たまにものすごく大きなダンボールで届くことがあります。ダンボールが大きすぎて困った経験はありませんか?

私としては、もっと小さい段ボールでいいよ~と思ってしまいます。箱を開けて荷物を取り出した後は結局捨てるだけですし、大きな段ボールを開封してみるとクッションが敷き詰められているだけで、商品は少しだけ、というパターンも多いですしね。

それに大きな段ボールって片づけるのがけっこう大変なんです。資源の日に出さないといけないので場所を取りますし。こういう時、小さい段ボールに入れて下さいと備考欄に書いたらその通りにしてくれるでしょうか?

過剰包装は宅配業者さんが荷物を雑に扱っている証拠?

送料は箱の3辺サイズで決まるのでサイズが小さい方がショップ側にとっても都合がいいはずですよね。一体どうして大きなケースに入れて出荷するのでしょうか。もっと言えば壊れにくいものなら段ボールでなく紙の容器でも私は構いません。靴が入っているようなポール紙でできた箱に入れてくれればそれで十分なんです。

たまにプチプチを商品ごとに巻いてくれるショップもあるのですが、本当にあれは過剰包装です!

プチプチそのものは子供達も喜ぶのですが、大人にとっては邪魔であり無駄でしかありません。どうせ捨ててしまうのだから必要のないものなんですけどね。

どうしても包装にクッションが必要なら、プチプチではなく丸めた紙を入れてくれれば十分だと思います。その方が環境にも良いしお互いにメリットもあるのに、なぜやらないんだろ~と疑問です。

これほどの過剰包装はひとえに宅配業者さんが荷物を乱暴に扱っていますよ!とアピールになっているのではないと勘ぐってしまいます。というのも先日クロネコヤマトで働いているであろう方のツイッターを発見したのですが、明らかに荷物の取扱い方がひどいのです。

荷物を投げたり蹴ったりするのは当たり前。むしゃくしゃしたときのサンドバッグ代わりにしているツイートも見かけました。画像や映像で見たわけではないので真偽のほどはわかりませんが、あながち無いとも限らないのではないかと感じたのです。

私たち主婦にとっては宅配サービスって家で完結できるので本当に便利なのですが、便利の代償が現場の最前線の人たちにきているのかと思うとちょっと複雑です。

お気に入りの宅配クリーニングがクロネコさんだから料金や納期へのしわ寄せが心配

特に最近お気に入りの宅配クリーニングのリネットは宅配業者であるクロネコヤマトさんあってのサービスだし、洋服にシワがなく届いているのもドライバーさんが丁寧に荷物を扱ってくれているおかげではないかと感じています。

クリーニングそのものに問題はないのに、輸送中のトラブルでいいサービスがふいになるのはもったいないですよね。宅配クリーニングに限らず、私はすっかり送料無料に慣れきってしまっているのですが、送料無料も終わりになる日が来るのかもしれません。もちろん自動運転が普及すれば問題ないのでしょうが…。

でも送料が上がったせいでリネットのクリーニング代が上がるのはカンベンしてほしいですね。初回のクリーニング代がとにかく安いリネットですが、2回目以降はそれほど安くなるわけではありません。

リネットはクーポンとかも使えるので宅配である便利さを加味すれば、近所のクリーニング店に出すよりもお得だとは思います。クロネコさんが玄関にまで来るのがイヤなら、2回目以降はコンビからでもクリーニングに出せますからね。

ただコンビニからリネットに出す際は、クロネコヤマトさんが提携しているコンビニじゃないと集荷してもらえません。大手のコンビニだとセブンやファミマは集荷OKだけど、ローソンやミニストップは集荷してもらえなかったり。

交通系のカードですら地域や路線をまたいで使える時代になんだから、コンビニ業界の垣根もそろそろなくしてほしいですよね。