春になった!衣替えの季節がやってきた

いよいよ衣替えの季節がやってきました。5人家族の衣替えになります。わくわくドキドキ感もありますが、衣替えでは心配なことが2つあります。

1年経った子供服のサイズがあうか?

まず心配なのが子供達の洋服。毎年成長を重ねているのでサイズが合うのかどうか。いちばん上の子なら容赦なく下の子におさがりになりますが、その分新しい洋服を買わされるはめになります。

オシャレに目覚めた10歳のお姉ちゃんも自分の選んだ服が着たい年頃になってきました。ママ友さんかいただいた洋服ばかり着せていましたからね。

大人も子どもも新しい物好きですから、サイズ的にちょっとでもキツい感じがすると「もう入らない」「新しい洋服買って!」という展開になるのです。

もうそこはせめぎあい 笑

昨年は母の粘り勝ちでしたが、今年は背も伸びてるし難しいだろうな…。春は上の子とのショッピングで時間とお金を使いそうな気がします。

こういうときは下の子たちの洋服も一緒に買っちゃうんですよね。でも成長してる証だから「ま、いっか~」ってなっちゃうのです。

クリーニング問題をどうするか?

衣替えで心配なことの2つ目はクリーニング問題をどうするかということ。何が問題なのかというと、クリーニングに出したい洋服が多すぎるというのが最大の問題。

要はお金がかかるよね問題。実はクリーニング問題にはもう一つあって、往復の持ち運びが大変だという問題もあるのです。車なしではムリ。

でも車は主人が仕事に乗っていってるので、平日にクリーニングに出すのはムリ。歩いて持っていくという選択肢はない。

洋服が多すぎる問題の解決方法

子どものたちの洋服を買うのはケチるくせに、何気に毎年増え続けている大人用のアウター。ダウン・コート・ジャケット。私の分、主人の分…。

1シーズンで3着、2人で6着。このペースで3年経つと単純に18着のアウターが増えてるんだから、そりゃあクローゼットも息苦しくなりますよね。

さすがに今年の衣替えは処分も検討しながらになりそう。とはいえ、10着くらいを厳選してクリーニングするつもりです。

洋服を往復で持ち運ぶのが大変問題の解決法

クリーニングに出す際に大変なのが持ち運び。往復あるし、冬物の洋服って重たいですよね。数も多くなるので結構な重労働になります。

この問題は宅配クリーニングで解決します。

ウチは昨年から普段着の洋服はリネットの宅配クリーニングを利用しているのですが、冬物衣料をまとめて出すとなると料金的に大きくなりすぎるんですよね。

リナビスはカンブリア宮殿でも取り上げられた有名な宅配クリーニングだし、20点まで出せてて単価も1点が1000円未満にまで下がります。

普通のクリーニング店なら2000円くらいするアウターが800円くらいでクリーニング出来るのはお値打ちだと思うんです。

なので今年の衣替え。冬物衣料はリナビスに出して、持ち運ぶのが大変問題を解決します。リナビスのレビュー記事もあるので、そちらも参考にしてみてください。

実際にリナビスのクリーニングをしてみた感想

公式サイトに書かれていた「おせっかい」は本当でした。

実はスーツのボタンが取れかかっていたものをそのまま出してしまったのですが、クリーニングから戻ってきたらボタンがまっすぐに立っていました。

またボタン穴にほつれのあった私のロングコートも修繕していただきました。クリーニングするだけでもタイヘンな中、手作業でボタン修理やほつれ直しをしてもらえるなんて、想像しただけでも気が遠くなりそうです。

仕上がった洋服たちもどれもキレイになっていて、品質にもとても満足しています。

ただひとつだけ残念だった点を上げると、仕上がった後の到着日が遅れるメールが前日の夜だったことで、その時点では到着日がいつになるのかもわからなかったのはちょっと心配になりました。

というのも、今住んでいるところは宅配ボックスがないため、もし不在の場合だと不在伝票で対応する手間が増えるからです。

それでも運良く、在宅中にクリーニングが届いたので二度手間になるリスクは回避できましたが、今後利用することがあれば連絡をもう1日でも早くしていただくと対応しやすかったです。